棋力向上の詰碁33


【黒先コウ:上級~有段者】
基本死活を知っている方なら、初手の急所を発見できるかもしれません。
右方のスペースが空いているので、安易な攻め方では簡単に生きられます。



【正解図:鋭い攻め筋】
黒1のツケが基本死活でも紹介される有名な攻め筋。
白2の受けをみてから黒3と急所を突くのが好手順です。


白4が最善の抵抗ですが、黒5から7でコウに導いて黒成功です。
様々な形で生じる手筋なので、覚えておくと役に立つかもしれません。


【失敗図:急所の攻め】
直接、黒1の急所を突くのは早計です。
白2、4と受けられて黒の手が続きません。(黒Aは白Bで白生き)

「編集後記」
今回の問題は隅の死活で生じやすい手筋を別の形で再現してみました。
実戦で僅かな隙を見逃さないためにも、多くの筋に触れることが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする