布石の基本(4)【模様の削減1】

模様を張られた時に取るべき戦術は「模様を消す」ことです。
相手に包囲されない境界線で模様を制限できるので、簡明に局面をコントロールできます。
初回は模様を消す手段としてよく用いられる「肩ツキ」の呼吸を紹介します。


【テーマ図(黒番):模様を消すコツ】
下辺の白模様にどう臨むかが現局面の焦点です。
左下に厚みが控えており、見た目以上の大きく見えて焦るかもしれません。
まずは実利と模様のバランスを把握し、打ち込むべきか消すべきか判断してください。


黒1の肩ツキで下辺の模様を消すのが好判断。
白2、4と受けるなら、黒5と補強して白模様を制限していきます。
大きな白地ができる場がなくなれば、左辺と右下で稼いだ黒の実利が活きる展開になります。


白6、8と右辺との連絡を裂いてきても、黒9と冷静に守って黒十分です。
白は下辺を厚くしても、右下の▲が手堅い構えなので大きな白地が見込めません。


【参考図1:中央へ脱出】
白2から6と下辺の黒に迫るのは黒7など軽く脱出していきます。
白は右下の▲を強く追及できる碁形でないので、下辺に厚くしても得られるものは少ない。


【参考図2:打ち込みは難解】
黒1と荒らしにいくのは、白2から4と封鎖された後のシノギ方が難しいです。
AやBがあるため下辺の黒は簡単に取られない石ですが、リスクの高い打ち方と言えます。
基本的には相手の勢力圏内で戦うのは不利になるので、戦いを避けるのが無難でしょう。

「編集後記」
記事を書きながら、模様の感覚を伝えたい時はお絵描き解説の方が良い感じがしました。
従来の図や解説では伝えたい要素が薄れそうなので、新しい方法にも挑戦みたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする