布石の基本(3)【厚みの活用1】

今回から「厚みの活用」の基本を紹介していきます。
厚みは攻防に活用できるだけでなく、模様拡大に活かせる可能性を秘めています。
考え方や石の流れを学び、厚みを活かすコツを掴めれば、戦術の幅が大きく広がるはずです。


【テーマ図:厚い構えを活用】
黒1と右上の白を追及した手に対し、白2から4と足早に展開した局面。
白は全局的に展開できているように見えるが、補強すべき場を放置した強引な打ち回しです。
黒は右上の厚い構えを活かし、白のやり過ぎを咎めたいところです。


右上の厚みを背景に、黒1と打ち込むのが厳しいです。
△が孤立しており、白は右辺の黒に対して強く反撃できません。


白2に黒3、5と右辺の白にプレッシャーをかけていきます。
中央の主導権を奪われないように白6と受けますが、黒7で△が孤立した格好になります。
周囲に黒が控えているので、右下の攻防でも白は守勢に回らざるを得ません。


白8と守るのが相場ですが、黒9から11と下辺に黒陣を築きながら右辺を補強して黒十分。
厚みを攻防に働かせて、自分だけ要所を次々に回るのが基本的な活用法になります。
厳しく攻め続けるよりも、堅実に得を積み重ねる石運びを心掛けるがコツです。


白12と左辺を占めるなら、黒13と右辺を補強してから黒15と上辺に先着して黒成功です。
左辺の白模様が大きく見えますが、右辺の白を攻める狙いもあるので焦る必要がありません。


白16と黒陣の薄みを睨みながら左辺を広げる好点ですが、黒17の打ち込みの対応が悩ましい。
白18から根拠を奪っても、黒19から21と軽くかわしつつ右辺の白の弱体化を図ります。
右辺の白が弱ければ、上辺の薄みをつきづらいので間接的に黒陣の守りに働きます。
全局的にも白模様を制限できたので、上辺と下辺で稼いだ利が大きく黒優勢です。


蛇足ですが、白22と反発された場合には黒23から25と安全重視で打つのが簡明です。
白26、28で左辺が大きく見えますが、黒29と下辺を大きくまとめて黒十分な戦果でしょう。
右辺の白を攻める狙いも残っていますし、黒AやBなど左上を削る狙いもあります。


【参考図1:窮屈な格好】
白2と二間ビラキをしても、黒3と攻められて白苦しい格好です。
周囲への利きや狙いがないので、白は見た目以上にシノギに苦労します。
黒は外回りが厚くなれば、黒Aが厳しい狙いとなるので楽に主導権を握れる局面です。


【参考図2:黒好調な攻勢】
白2と右辺から迫るのは黒3と厳しく追及するのが好手です。
白4から脱出を図っても、黒5から11と中央を厚くしながら右辺の白を攻めて黒満足な展開。
白はダメ場を打たされている格好で、得られたものはほぼないのが泣き所。


【参考図3:中央の主導権】
黒1に白2と右下を補強するのは大きいです。
しかし、黒3から9と中央の主導権を奪われるとAやBに回られて大きな黒模様を築かれます。
中央の主導権を握ることは、辺や隅で地を稼ぐよりも価値が高い場合が多いです。


【参考図4:穏やかな碁形】
黒1には白2から10と右辺を補強されてしまいます。
黒11まで、黒の実利は相当ですが、白12と大場に回られると長期戦模様の碁形となります。
白としては穏やかな碁に導いてコミの負担が重くする展開は望ましく、黒不満な展開です。

「編集後記」
今回の構想は序盤の数手から想定しておきたい石の流れです。
もちろん、記事の図を全て想定して序盤を打てたら申し分なく有段者以上の実力と言えます。
ただ、始めは難しいはずなので、まずは大雑把な流れを掴めれば良いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする