棋力向上の詰碁26


【黒先白死:上級~有段者】
詰碁を解く際、基本的には無条件で取れる手順を始めに探します。
今回はコウに持ち込むのは容易なので、無条件で取る手段を探してください。



【正解図:粘りを封じる】
黒1が白の抵抗手段を封じる好手。
白2に黒3と急所を突くのが手順で、白はAとBを同時に防ぐことができず白死です。


【失敗図:次善策】
実戦なら黒1の切りを選択してしまうかもしれません。
しかし、白2と粘る手段がありコウに持ち込まれてしまいます。

「編集後記」
詰め将棋を解くようになって気づいたが、どれも難しく感じて心折れそうになりますね。
碁も同じで5~9手の問題が多いので、1~3手の易しいものが必要だと感じました。
今後は初級者から中級者向けの問題や記事も書いていこうかなと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. T. M. より:

    いつも参考にさせていただいております。
    本詰碁に関して、黒M1-白L1-黒Q2-白Q1-黒P2-白O2-黒N1も詰み筋であるように思うのですが、違いますでしょうか?
    間違いであればすみません。また、本来図を用意すべきところ、無精することをお許しください。

  2. okao より:

    ご指摘ありがとうございました!
    確かに余詰めがあったので、問題を一部訂正しました。
    図がなくても座標を書き込んで頂ければ大丈夫です。