布石の基本(2)【厚みの距離感2】

前回に続き、厚みの距離感についての記事を執筆していきます。
今回は整形の手筋を用いるので少し難しいですが、基本的な考え方は変わりません。
「厚みに近づかない」という発想を基に、本テーマ図に臨んでみてください。


【テーマ図(黒番):間合いを図る】
左下の厚みを働かせないよう、黒は左辺を割りにいく局面です。
ただ、安易に左辺を割るのは白からの攻めが厳しいので工夫したいところ。
厚みとの間合いを意識できるようになれば、少しずつ一路の差の違いが見えてきます。


黒1と左辺を割るのが好感覚。
左下との距離を取ることで、厚みを活用する白の攻めを緩和できているのが大きいです。
一見すると、白Aにツメられると黒窮屈な格好に見えますが・・・。


白2には黒3と白4を交換してから、黒5と懐を広げるのが好手順です。
黒は左辺のスペースで治まる形を目指していきます。


白6と受ける相場ですが、黒7から11と左辺でシノギ形を得れば黒十分。
黒Aと左上の白を追及する狙いや黒Bなど大場に走る展開があり、黒悪くない展開です。
左下の厚みを活かしづらい碁形に導けば、序盤で黒が遅れる心配はありません。


【参考図1:足早な展開】
白2、4と左辺の黒に迫る展開も考えられます。
ただ、左辺はゆとりある格好なので、黒5と上辺に占めることができます。


白6、8が厳しい追及に見えますが、黒9から13でAとBを見合いにして治まっています。
黒は上辺を占めていることにより、左辺の厚みの働きを半減できているのが黒の自慢です。


【参考図2:軽快に打ち回す】
黒3とヒラいた瞬間、白4から6と封鎖する変化も実戦でよく現れる形です。
この場合も左下の厚みとの距離を取れていることを利用して、軽快に打ち進めるのが肝心。


黒7から11と左辺を補強してから、黒13と上辺を占めて左辺の厚みを牽制するのが柔軟です。
通常、黒13ではAと守るのが相場ですが、左下との距離が空いているので手抜きできます。


白14と追及されても、黒15から17と白の厚みに傷を残しながら補強して黒十分です。
黒のシチョウが良いため、白Aと黒二子を制せないのが白の泣き所。


【参考図3:一般的なワリ打ち】
黒1はAとBの二間ビラキを見合いにした一般的なワリ打ちです。
しかし、左下の厚みに一路近づいている負の要素が大きく、本局面では黒良くないです。


左下に厚みが控えているので、白2から4の攻めが厳しくなります。
黒5、7と受けるところですが、白10まで上辺に模様を築かれてしまいます。
左辺を荒らした分以上に、上辺に大きな模様を築かれては黒いけません。

「編集後記」
序盤の基本的な考え方を押さえるだけでも、大きく碁の質が向上します。
もちろん、勝敗に直結する読みの要素も大切ですが、戦う前に不利にならないためにも、
本シリーズを通して、できるだけ不利になりづらい打ち方を学んでもらえれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする