小林流の対策(1)

今回は簡明な小林流対策を解説していきます。
複雑な変化が少ないので、比較的習得しやすい石運びなのですぐに実戦に役立つはずです。
実利を稼ぐだけ稼がれて焦りを感じる方にはオススメの対策と言えるでしょう。


【テーマ図:足早な展開を目指す】
一昔前、白1は黒2とハサまれて黒良しと言われていました。(こちらを参照)
しかし、囲碁AIの手法が有力であることがわかり、小林流も攻略される流れとなりました。
今回は白3以降の代表的な変化を中心に解説していきます。


黒4から8と小林流の基本通りに白を分断すれば、黒悪くない進行に見えます。
続いて、白Aの定石に進むなら黒の意図した変化に持ち込めますが・・・。


白9、11と強引に右下隅の黒を飲み込むのが簡明策です。
従来は石の調子で△を分断しながら外周を厚くできるので、黒良しと見られてました。
ただし、右下の白地が大きく、黒容易でないことがわかっています。


黒12から右下に厚みを築けますが、白13から17と先手で右下を制されるのが大きいです。
白19と上辺を占めれば、全局的に白足早な展開にできるので黒の厚みに十分対抗できます。
中盤以降、黒に下辺の模様を広げられても、白は焦らずに打ち進めるのがポイントです。


黒22と下辺を広げられても、白23、25と左下隅を守って白十分。
黒26には白27と上辺の白陣を固めながら右辺の黒陣拡大を牽制するのが冷静。
下辺の黒模様はいつでも消せるので、右辺など制限して外堀を埋めていきます。
大きな地ができる可能性を除外してから、一等地を消すことで盤石な勝利に繋げます。


【参考図1:模様が怖い場合】
前図の進行が怖いなら、白1から5と右辺を割るのも有力です。
△の味を横目に下辺の黒陣を削りやすいので、より下辺の模様拡大を牽制できます。
しかし、黒Aから上辺に大きな黒地ができる可能性もあるので一長一短でしょう。


【参考図2:右辺の荒らし具合】
白1に黒2から8と形を決めるのも考えられます。
テーマ図よりも下辺の黒地が増えており、こちらの方が黒良く見えるかもしれません。
しかし、白Aを止めづらい格好で、白9と荒らす手がかりがある方向に黒石を集めて白十分。
次図にどのくらいの差が生じているか示していきます。


【参考図3:進出を止める術】
この形の場合、白1に黒2のツケコシから止める筋が残っています。
続いて、黒4に白Aと進出されそうな形に見えますが・・・。


白5と右辺に進出するのは黒6、8で右下隅に手が生じるので頑張り切れません。
黒AとBが利く格好で白窮しています。(コウで粘れますが、白の負担が重いコウ)

「編集後記」
小林流は囲碁AIの手法により、終わった戦術になりつつあります。
棋士の棋戦でも実戦例が減っており、有力な手段で発見されない限り打たれないでしょう。
次回は黒が変化した場合の白の対応を解説していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする