棋力向上の詰碁21


【黒先黒生:上級~有段者】
絶体絶命に見える格好ですが、隅の死活は中々しぶといものです。
白一子の取り方が本題を解くポイントとなります。



【正解図:オシツブシの手筋】
黒1と白2を交換してから黒3とオサえるのが好手順。
黒Aに先着されるとオシツブシで黒生きになるので・・・。


白4、6と眼を潰しにきても、黒7と懐を広げていきます。
前図同様に、白は黒Aのオシツブシを防ぐ必要があります。


白8と中手を狙いにきても、黒9と抜けば生きています。
続いて、白10と急所を突かれた後、黒は生きを図る常套手段があります。
※白8に手抜きでも生きていますが、解説の都合上、黒9と抜いた場合の変化を記載します。


黒11、13がオシツブシに導く手筋です。
本題は始まりから終わりまで、オシツブシの筋に導くことで活路を見出せます。


【失敗図:隅のマガリ四目】
黒1と懐を広げるのは軽率。
白2から6で隅のマガリ四目に持ち込まれて黒死です。

「編集後記」
詰碁は実戦で現れづらい形も多く、大概の人は実戦形に近い問題を好みます。
ただ、手筋や形自体は実戦で現れる可能性があるので、どんな問題でも解く価値はあります。
逆に実戦形ばかり見ていると、特殊な形になった時に読み落としが生じるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする