棋力向上の詰碁20


【黒先黒生:中級~上級者】
目先の利益に囚われず、生きを図れるかがポイント。
見合いの手筋を活用して、白の追及を振り切るかが焦点です。



【正解図:見合いの手筋】
黒1のオキが急所。
AとBが見合いで白の攻めが繋がらず、黒生きです。


【失敗図:目先の利益】
黒1と白二子を取るのは軽率。
白2のスベリから懐を狭められて、黒の生きるスペースが足りません。

「編集後記」
簡単に思える問題でも、実戦では決断できずにチャンスを棒に振ることがあります。
詰碁を繰り返すことは手筋や形を覚えるだけでなく、読みに自信をつける効果もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする