第6回CCTV賀歳杯日中韓新春争覇戦ー1回戦

2月5日に中国・北京で「第6回CCTV賀歳杯日中韓新春争覇戦」の1回戦が行われた。
本棋戦には日本の一力遼八段、中国の柯潔九段、韓国の朴廷桓九段が出場している。
以下に対戦結果と対局日程をまとめたので参照ください。(左側が勝者)

【2月5日(月):1回戦の結果】
朴廷桓九段(韓)ー一力遼八段(日)

【2月6日(火):2回戦の組合せ】
柯潔九段(中)ー一力遼八段(日)

【2月7日(水):決勝戦の組合せ】
朴廷桓九段(韓)ー2回戦の勝者

一力遼八段は序盤で奇抜な戦術を用いるも、朴廷桓九段は冷静に応じて盤石の勝利を収めた。
明日行われる2回戦は柯潔九段と激突するので、どこまで戦えるか注目していきたい。
さて、対局を振り返っていきます。


【実戦譜1:目新しい戦術】
黒番が一力遼八段、白番が朴廷桓九段です。
黒1に白2とカカリ返すのが現代の主流となっています。
黒3、5は右下の白を固める短所がある一方、黒Aが打ちやすくなる長所もあります。
黒7に白が受けるなら、単に黒Aと打つよりも下辺を利かした格好になりますが・・・。


白8と左下を受けるのが冷静でした。
黒9に白10から14と整形されると、AやBを狙われるため逆に黒薄い格好となっています。
一方、黒からの狙いが弱いため、この数手のワカレは白良しに働いているように見えます。


【参考図1:黒の理想】
白2、4と受けるなら、黒5と下辺の白陣を低位置に制限して黒満足です。
単に黒5とカケるよりも利かしている格好です。


白6、8には黒9から11と下辺の進出を止めてから、黒13と左辺に黒陣を築いて黒成功。
こうした図が見えると、どこでどう反発すべきか見えてきます。



【実戦譜2:技の冴え】
白1と黒2を交換してから白3の薄みを突くのが鋭い追及でした。
黒は強く反発することができず、既に黒苦しい局面となっています。


黒4の受けに白5の差し込みが鋭い利かしでした。
黒Aは白Bのサガリが成立するため、黒6と妥協せざるを得ないのが泣き所。
下辺の白は十二分に強化されており、白7の両カカリに回ってハッキリ白優勢です。


黒8から白13まで定石だが、下辺の白は強い格好なので右辺の黒陣は大きくまとまりません。
部分的に見れば黒は大きな損をしていませんが、全局的なバランスで差が広がっています。
世界トップは力強さだけでなく、優れた大局観を持ち合わせていることを忘れはいけない。
結果、白中押し勝ち。


【参考図2:シチョウ関係①】
白1に黒2と遮るのは自然な応じ方です。
しかし、白3から7を利かした後、シチョウが良いので白9の切りが成立します。
黒は何れかの石を取られる格好で黒ツブレです。


【参考図3:シチョウ関係②】
黒2とツギたいですが、白3から5の粘りで黒窮しています。
続いて、黒Aは白Bの切りが成立するので・・・。


黒6と受けるぐらいですが、白7から9で右下隅を取れます。
黒Aのオサエには白Bで攻め合いは白勝ちです。

「編集後記」
1日に2局分の記事書くのは骨が折れますね。
LG杯も賀歳杯もともに注目の一戦なので、めげずに動向を追っていきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. DAICHIKUN より:

    参考図2の黒4は元からある石で、正しい黒4の位置はR3ではないでしょうか?