棋力向上の詰碁19


【黒先白死:上級~有段者】
初手の候補が絞られているので、先の変化を読み切れるかが焦点です。
実戦では安易に攻めて生かしてしまうかもしれません。



【正解図:急所を突く】
黒1と眼形を崩すのが出発点。
白2と懐を広げても、黒3でAとBが見合いで白に脈はありません。


一見すると、白4から6の抵抗でセキに見えるかもしれません。
本題は次の一手が見えるかがポイントです。


黒7の切りが白を中手に導く決め手です。
白8と黒四子を取られて生きるように見えますが・・・。


黒9と白10を交換した後、黒11が急所となります。
ダメヅマリにより、白Aと眼形を築くことができず白死です。


【失敗図:安易な攻め】
黒1と出るのは軽率。
白2でAとBを見合いにされて白生きです。

「編集後記」
今日は今年初の団体戦大会に出ました。
やはり、真剣勝負の中でしか見えてこないものもあり、いろいろと勉強になりますね。
三々入りの呼吸や大局観で差をつける流れなど掴めたので収穫が多い一日でした。
また団体戦に声をかけて頂ければ出場したものですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする