棋力向上の詰碁17


【黒先黒生:上級~有段者】
黒は心もとない格好ですが、意外とアッサリ生きる形です。
難しく考えすぎると中々答えに辿りつけないかもしれません。



【正解図:単純な生き形】
黒1と急所を押さえるのが出発点。
白2のアテに黒3のツギが冷静で黒生きています。


白4と狭めてきても、黒5と懐を確保して黒生きです。
一見すると、黒のスペース不足のように映るが・・・。


白6には黒7と手を戻すのが好手。
続いて、白Aと強引に眼を奪うのは黒B以下符号順でオイオトシです。


【正解変化図1:セキに導く】
前図の白6で1と眼形を崩すのも考えられます。
ただし、黒2と広げれば白の攻めが繋がらず黒生きです。


白3の追及には黒4、6でセキの形に持ち込めます。
本題の生き形はいろいろな詰碁で現れるので、覚えておいて損はありません。


【正解変化図2:見合いの手筋】
白4には黒5と左右に眼を分ける手筋が用意されています。
AとBが見合いで黒生きています。

「編集後記」
本題は答えを見れば単純ですが、全ての追及を読み切るのは大変かもしれません。
詰碁慣れしていると、正解図の黒1、3が見えた瞬間に正解変化図1、2が一瞬で見えます。
こればかりは訓練と経験によるところが大きいので、たくさん詰碁を解くしかなさそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする