棋力向上の詰碁16


【黒先白死:中級~上級者】
今回は何をすべきかわかれば、すんなり答えが見えてくるはずです。
まずはどう眼形を崩すべきか考えて見てください。



【正解図:一本道を読み切る】
黒1、3と中から眼形を崩すのが出発点。
本題はこの先を読み切れるかがポイントとなります。


白4のツギに黒5と懐を狭めるのが好手。
白6で生きるスペースを確保されたように見えますが・・・。


黒7、9と眼あり眼なしに導いて白を取れます。
死活問題でも、攻め合い絡みになるものもあります。


【正解変化図:ダメヅマリ】
黒1に白2と黒二子を制す抵抗も考えられます。
ただし、黒3に白Aと左方に眼を持てず、白死となります。

「編集後記」
こうした一本道の変化をすぐ見えるようになると、読みの精度が上がっていきます。
ある程度詰碁を極めると、読むというよりは見えるという感覚に至ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする