AlphaGoTeaching(4)【中国流の研究】

今回は中国流の布石をAlphaGoTeachingToolで検証していきます。
一時前、大流行した戦術ですが、研究が進むにつれて打たれる機会が失われつつあります。
要因の一つは模様を張った際に中国流の欠点が浮き彫りになることでしょう。(こちらを参照)
AlphaGoならどのような答えを導き出すのか、見ていきます。


【テーマ図:人間界と似た見解】
中国流の構えに対し、白1から3と地に辛く打つのは人間と同じ手法。
AlphaGoも地を稼ぐだけ稼ぎ、小目を基点とする模様を削る方針を取っているようです。
方針がわかりやすいので、人間でも扱いやすい対抗策と言えるでしょう。


黒4以下白17まで、中国流で現れやすい定石化された手順です。
白は右上隅を荒らしながら上辺を占めたので、白足早な展開となっています。
人間的には黒AやBと構えて、右下一帯の模様で対抗するところですが・・・。
(AやBの対抗策については、こちらこちらを参照ください)


黒18のシマリを優先します。
右下に模様を築いても、白18など回られて攻めが続かないので妥当な判断かもしれません。
人間の考え方と同じで、黒18の地点が中国流の急所であると見ているようです。


白19、21を決めてから白23とひたすら地を稼いでいきます。
一方、黒は下辺を占めずに黒24、26と中央を目指す対極的な構図を描きます。
尋常でない石運びを見る限り、相当黒は頑張らなければならないことがわかります。
黒模様を消すのは容易でないですが、消せれば勝ちが見えるので白持ちの方が多そうです。


【参考図:中国流の急所】
黒1など下辺に構えるのは白2周辺に打たれて厳しく攻めるのが難しいです。
周囲の白にモタれることができないため、十分な戦果を上げづらい碁形でしょう。

「編集後記」
中国流に限らず、白番の技術が向上したことにより黒番で勝つのが難しくなっています。
これからは黒番で如何に勝つかが、現代碁の課題となってきそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする