中国流の対策(2)

前回より、対中国流は小目を基点とする模様を築かせて荒らすのが有力です。
今回はその点を改良した黒番の中国流にどう対抗すべきか、検証していきます。
難しい戦い方もありますが、比較的簡明な打ち方を主体に紹介します。


【テーマ図:バランスの取れた構え】
右辺の中国流に対して、白1から5と隅を荒らすのが有力です。
小目を基点とする模様を築かせて消しに回れれば、白の実利が活きる展開になります。
今回はAやBを決めずに黒6、8と下辺に構えるタイプの模様対策を紹介していきます。
黒は左下を補強しながら右下に対して強く戦える布陣に見えますが・・・。


序盤早々、白9と黒陣に入るのが簡明な打ち方です。
黒10と根拠を奪いにくるなら、白11とカケて相手の出方を伺います。
一見すると、黒12とグズまれて白苦しい戦いに見えますが・・・。


白13の肩ツキが比較的わかりやすい進行になります。
右下の白を中途半端な格好ですが、黒も受け方が悩ましいところです。
※白AやBとサバくのも有力ですが、何れも難しい進行になるのでオススメしません。


黒14と右下を制すのが相場ですが、白15から17と下辺を割れば白十分な展開。
右辺の黒陣は荒らす余地が残っていますし、右辺の発展性を制限できた戦果は大きいです。
複雑な戦いを避けながら全局的なバランスの取れた局面といえるでしょう。


【参考図1:形が崩れる反発】
黒2と反撃した瞬間、白3と押さえるのが良いタイミングです。
黒Aと受けるのはひどい利かされなので・・・。


黒4の切りで応じたいところ。
しかし、白5から7と右辺を補強された時、右下の黒の形が崩れています。
次の焦点は右辺のシノギですが、弱い石は一つだけなので簡単には取られません。


黒8には白9から17と部分的に治まってしまうのが簡明です。
外周は黒厚くなりますが、AやBと下辺を消す手がかりがあるので焦る必要がありません。
Cのトビ込みも後々大きいヨセとなるので、白不満ないワカレです。

「編集後記」
比較的わかりやすい変化を選んだつもりですが、どうだったでしょうか?
難しい技術がなくても扱いやすい部類だと思うので、ぜひお試しください。
ただし、若干白打ちやすいだけであって、必ずしも勝てる訳ではないのでご注意を。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする