中国流の対策(1)

今回から中国流対策の一端を数回に分けて紹介していきます。
一時前は猛威を奮っていた戦術でしたが、研究が進んだことで打たれる機会が減っています。
全局的なバランスでの対策なため、黒番から対抗策を打ち出しづらいのが要因の一つです。


【テーマ図:全局的なバランス】
白1と星にカカるのが中国流対策の出発点。
白は右下を起点に黒模様を張らして消しにいくのが基本戦術となります。
消しの効果を高めるため、黒2に白3と地に辛く打つのがポイントです。


黒4、6と遮るのは自然に見えるかもしれません。
しかし、白7から13と右上隅を守りつつ、上辺を占められて白に足早な展開を許します。


黒14は右上の死活を睨み、先手で白を分断する意図があります。
手抜きすると右上が取られるので、白15と守るのが無難な受けです。
黒16から20と右下一帯に模様を築いて、黒好調に見えるかもしれません。


ただ、白21のカカリで黒模様を容易く荒らせるので、黒打ちづらい展開となります。
この地点が中国流の急所となるため、白は黒に小目を起点とした模様を築かせたのです。


黒22は右下の白を睨みながら下辺を固める基本的な受け方。
しかし、白23から27がサバキの常套手段で簡明に整形することができます。


黒28と手厚く受けるなら、白29と右下隅を占めます。
黒30から36と外周を厚くして黒悪くないワカレですが、白37と地を稼いで白十分です。
AやBなど荒らす手がかりがあるので、黒模様は大きくまとまりません。


【参考図1:白のサバキ形】
前図の変化を避けるため、黒2から4と隅の根拠を奪うのも考えられます。
ただし、白5から9と補強すれば、右下の白は十分な形を得られるので白成功です。
下辺の黒陣が固まりますが、右上と上辺の稼ぎがあり白は全局的なバランスを取れています。


【参考図2:根拠を奪う受け方】
黒2は右下隅のサバキを防ぐ追及。
これには白3、5と軽く中央に進出するのが簡明な打ち方です。


黒6には白7、9と手堅く守るのが無難です。
下辺の黒陣にはAやBなど荒らす余地が残されており、白は焦る必要がありません。

「編集後記」
今回で中国流の急所が大まかに把握できたと思います。
次回は構えを変形させた中国流への対抗策を解説していく予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする