AlphaGoTeaching(3)【二連星の研究】

今回は昔からよく打たれる二連星をAlphaGoTeachingToolで解析していきます。
定型化された進行になりやすい本戦術も、AlphaGoは斬新な打ち方を示しました。
人間界の枠では中々思いつかない発想なだけに、戦術の幅を広げる助けになりそうです。


【テーマ図:想定外の石運び】
黒1、3と下辺に黒陣を築くのが二連星の定番です。
黒模様拡大を防ぐため、白4のカカリもほぼ必然で黒5と挟むまでがよく打たれる布石形。
この布石は右下の攻防で先の打ち方が変わるが、多くの場合は白Aの三々入りを選択します。


白6の三々入りが最も実戦例の多い選択です。
下辺の構えを活かすため、黒7から9と厚くするのは当然の態度。
白はA~Cの選択肢があり、人間界では外周に傷を残す白Aを選択されることが多いです。


AlphaGoは白10と地に辛い打ち方を第一候補にあげています。
黒11の押しに白12のブツカリは人間界で大悪手と言われている手法の一つ。
黒13と右辺への進出を止められるだけでなく、右下の白がダメヅマリとなるからです。
ただし、黒に変化の余地がないため、ほぼ確実に手番を奪える長所があります。


白14と黒15を交換してから、白16の三々入りに回るのがAlphaGoらしい石運び。
黒は理想的に模様を広げたように見えるが、大きな黒地を築く必要があり容易でないです。
一方、白は地を稼げるだけ稼いで、黒模様を消しにいくわかりやすい構図を描いています。


黒21、23と右下の封鎖を優先します。
しかし、白24の消しに先着されると黒模様が収縮するため若干白打ちやすそうです。
黒25と反発して右辺一帯の模様を広げるも、白26と下辺を割られてさらに稼がれていきます。
中央の黒模様は相当ですが、白から消す余地が残されており黒の打ち方が難しく見えます。


【参考図1:模様の牽制】
AlphaGoは次善策として白2と構えるのも候補にあげています。
黒3、5と右辺に対して厚くしてから黒7と模様を築く進行が考えられます。
しかし、白8が黒模様を制限しながら左辺の勢力圏を広げる好点で白悪くない展開です。
下辺はAやBから削られる場なので、右辺の黒陣が大きくまとまらないと大変でしょう。


【参考図2:足早な展開】
人間界では白2と手堅く受けて、黒を必要以上に厚くしない打ち方を推奨してきました。
しかし、AlphaGo的には黒3、5と足早に展開されて白良くないと判断したようです。


白6と薄みを突かれても、黒7から13で受け切れているので大したことありません。
中央に白石がきた短所はありますが、黒Aも利きになっているので黒十分な展開です。

「編集後記」
AlphaGoTeachingToolは斬新な発想を示しますが、最善を示したものではありません。
大切なのは示された手を自分なりに解釈して、自分の碁にどう活かすかです。
正解を追い求めて使うのは危険なのでご注意ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする