棋力向上の詰碁12


【黒先白死:中級~上級者】
初手の候補はある程度絞られるはずです。
本題はその先を読み切り、白の抵抗を許さず仕留められるかが焦点です。



【正解図:手順が肝心】
黒1と急所を突くのが出発点。
黒Aの逃げ出しを見ながら、白の眼形を崩しています。


白2の抵抗に黒3のサガリが好手。
Aの連絡とBから眼を奪う手を見合いにして白の抵抗を封じます。


白4と分断するなら、黒5から7で攻め合いは黒一手勝ちです。
死活は中手を狙う印象が強いですが、本題のように攻め合いに持ち込む筋もあります。


【正解変化図:見合いの手筋】
白2の抵抗も考えられます。
ただし、黒3でAとBを見合いにして連絡できるので白を取れます。


【失敗図:些細なミス】
白2に黒3と先に眼を奪うのは軽率。
白4のハネで白を無条件で取る手段がありません。


黒5と白6を交換してから黒7とサガるのが次善策。
一見すると、無駄な利かしに見えますが・・・。


白8に黒9、11とコウに持ち込む手段があります。(白10でAは黒B)
しかし、本題は無条件死があるのでコウでは黒失敗です。

「編集後記」
詰碁は繰り返し解いて、形や手筋を体で覚える又は慣れることが大切です。
次第に急所や手どころの感が身につくので、実戦でも活かされていくはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. kenseven より:

    質問です。

    正解図の白6は、黒5の上ですかね、、、。