序盤早々の三々手法(3)

前回前々回は考え方と発想が中心だったので、今回からは部分的な変化を紹介します。
囲碁AIの登場以来、三々の定石がより深く研究されるようになり、複雑化しました。
初回は些細な違いで定石後の狙いが変わってくることを解説します。


【テーマ図:先の打ち方を見据える】
黒1に白2、4と受けるのが主流となっています。
一つの要因は、左上の局地戦で白が手番を得て大場に回りやすい展開になるからです。
黒はAかBの何れかを選択しますが、どちらを選ぶかで先の展開が大きく変わってきます。


黒5、7は簡明な受け方。
変化の余地が少ないので、難解な変化を嫌う方にはオススメの打ち方です。
白Aと続けて打つのもありますが、後手を引くので白8など大場に走ることが多いです。


黒9と切るのは、定石後の狙いとしては最も厳しい打ち方です。
当然、白10と逃げますが、黒11から13と切断して白を追求していきます。


白14、16と整形するのが粘り強い打ち方です。
左上隅の死活絡みで様々な利きが生じるため、黒17と守るのが相場。
ただ、白18から20で互角に近い戦いとなり、黒から仕掛けた割には大きな戦果が見込めない。


【参考図1:無難な後続手段】
厳しく追及しても白も戦える展開になるため、黒1から3と地を稼ぐのが相場。
左辺に白地がつきづらくなる上に、左上の白を攻める狙いが残るので黒十分な戦果です。


白4など大場に走った後の追及手段として、黒5と迫るのが有力と見られています。
Aの連絡を保険に残しながら、左上の白を狙えるので黒有利な戦いを望めます。


【参考図2:手抜きしづらい手法】
黒2のツケは白に手抜きしづらい局地戦に持ち込む手法です。
前図の変化のように、白3と大場に回るのは・・・。


黒4から8と追及するのが厳しいです。
一見すると、白9で前図同様の進行となり白も戦える碁形になりそうですが・・・。


黒10のツケが手筋です。
白11と受けさせてから黒12と手を戻すことで、AとBを見て黒有利な戦いに引き込めます。


白13と受けるなら黒14と上辺の白を押さえ込んでいきます。
白15の動き出しには、黒16から24で外回りの薄みを支え切れています。
部分的に左上隅は死に残りですが、手数は黒が長いです。(死活はこちらを参照)


白が外回りの傷を突いてきた一例。
白25から31と追及しても、黒32から36でギリギリ耐えている格好です。
続いて、白Aには黒B、白C、黒Dで助かっています。


【次回のテーマ:白の応じ方】
前図より、黒1に手抜きするのは白難しい格好です。
次回は白がどう応じるのが流行っているか、解説していきます。

「編集後記」
一昔前、三々の定石は簡明と言われていました。
しかし、最近は様々な変化が研究されるようになり複雑な変化もたくさん現れています。
次回は攻め合い絡みの難解な変化を紹介予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする