棋力向上の詰碁8


【黒先黒生:中級~上級者】
本題は下方で眼をしっかり作れるかが焦点です。
白の僅かな綻びを見つけて活路を見出してください。



【正解図:間隙を突く】
黒1の切りが利きを作る手筋。
一見すると、何も状況が変化していないようですが・・・。


白2と黒一子を制すなら、黒3が利きとなるため黒5で下方に眼を確保できます。
前図の切りは下方の眼を奪う余地を与えない工夫でした。


【失敗図:白の追及】
単に黒1と押さえるのは白2と眼を奪われてしまいます。
続いて、黒Aの抜きは白2と打ち欠かれるので・・・。


このタイミングで黒3と利きを作ろうとするのは手遅れです。
白4が決め手となり、黒の手が続きません。

「編集後記」
途中まで「序盤早々の三々入り(3)」を作成してましたが、寝落ちしたので急遽詰碁に。
明日からは新奥杯の決勝戦が始まるので、それが終わり次第書き上げる予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 774 より:

    初歩的な質問ですが、
    単にS1のはねでも生きているように思えますが、
    駄目なんでしょうか?

  2. 774 より:

    あ、本当ですね