カカリ返しの攻防(2)

前回に引き続き、白のカカリ返しの攻防を紹介していきます。
今回は真正面から受けるのではなく、軽くかわして打つ手法を解説します。
簡明な変化になることが多いので、先の展開を見通しやすい序盤戦に持っていけます。


【テーマ図:軽快な石運び】
黒1、3は地に辛い特徴があり、現代ではよく打たれる打ち方です。
白Aと受けるのも有力ですが、最近は白4と軽くかわす手法が目立ってきました。
両カカリを許した場なので、多少地の損をしても大場に先着できれば十分とみています。


黒5と形を崩しに来ても、構わず白6としっかり守るのが肝心です。
黒7にも強く戦わずに白8、10と堅実に受けて自身の安定重視に打ちます。
AとBが見合いとなり、左下の白を強く追及できない格好となりました。
下辺は白の厚い場となったのも大きく、白不満のない展開です。(参考譜1)


【参考図1:堅実に打ち進める】
黒2には白3、5と左下の補強を優先します。
左下の白が攻めの対象にならなければ、両カカリの威力を半減できます。


黒6にも白7と丁寧に根拠をはっきりさせるのがポイント。
黒8に回られると焦りそうですが、白9と左下に働きかけて十分追い付けます。
右下の白は軽いですが、左下の黒は重い格好なので黒はシノぐ必要があります。


黒10などと受けるなら、白11と右下に回って白十分です。
白Aから下辺の黒陣を割る狙いもあり、白の楽しみが多い碁形と言えるでしょう。
左下は黒の両カカリから始まった攻防ですが、力関係は白に傾いています。


【参考図2:全局的な打ち回し】
黒2の切りから地を稼ぐのは白3、5と軽くかわされて黒イマイチ。
黒6までの実利は相当ですが、白7と大場に走られると全局的には白悪くない展開です。


【参考図3:積極策への対応】
黒2、4と白の薄みを睨みながら下辺の黒を補強するのが、現状では一番厳しい打ち方。
単に守るのでは黒に主導権を握られるので、白5と左辺の黒に働きかけます。(参考譜2)


黒6のオシを誘導して白7とノビる調子を求めるところです。
黒AやBと出ても自身のダメを詰めてしまうだけなので、左辺の黒を守るくらいですが・・・。


黒8と左辺を守るのが相場ですが、白9から11と手厚く守って白有利な戦いになります。
白はAかBの何れかに先着できれば互角以上の形勢が望めるでしょう。


黒12から16は下辺を補強しながら右下の白を狙う意図があります。
白17に押さえ込まれても、黒18と逃げ出せば大したことないように見えますが・・・。


白19から23と厚くしてから、白25と左辺の黒にプレッシャーをかけるのが手厚い構想です。右下の黒陣には△が控えているので、下辺には大きな黒地が見込めない場となっています。
一方、左上一帯に大きな白地が見込める展開なので、白有望な局面といえるでしょう。

「編集後記」
難しい技術を使わずとも、黒の両カカリを軽くいなせるのが今回の魅力でしょう。
もちろん、これから研究が進むにつれて黒も有力な戦術が見つかるかもしれません。
しかし、現状では対抗策が見つかっておらず、カカリ返しの実戦例が増えていきそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 774 より:

    最初の図の黒1でつけずに黒C5と伸びられた場合にも、
    従来の定石以外で白から何か有力な手があるのでしょうか?

    • okao より:

      黒C5のノビには白C4と隅から受けて問題ありません。
      左辺の黒を攻める手が厳しくなるので、黒は忙しい局面になります。
      (左辺の黒を守れば下辺に先着する要領です)
      こちらに参考譜があるので参照ください。

  2. 774 より:

    ご回答ありがとうございます。
    参考譜では白18のつめがぴったりでしたが、
    たとえば右下がこのページの最初の図の状態なら、白の駄目をつめてのツナギには
    黒は左辺を守って白の下辺のツメに対しては手番が回ってくるので、
    黒も十分打てると思うんですが、どうでしょう?
    http://gokifu.net/t2.php?s=3881516196239426

    • okao より:

      黒は下辺の補強か右下で地を稼ぐかの二択になります。
      逆に言うと、白はいずれか打てるので下辺をツメた地点で白悪くないです。
      注目すべき点は、左下の白が両カカリされても十分な形を得ている点ですね。
      両カカリで十分な戦果が得られていない以上、黒は中々うまくいきづらい碁形になります。

  3. 774 より:

    確かに一手手を抜いたにしては白も十分な形ですね。
    長々とありがとうございました。