棋力向上の詰碁7


【黒先白死:上級~有段者】
白は心許ない格好ですが、しっかり仕留められるかは別問題。
勝手読みがないよう、慎重に一手一手を選びたいところです。



【正解図:ダメヅマリに導く】
黒1と懐を狭めるのは出発点。
白2に黒3のオキを見つけられるかが本題を解くカギです。


白4と遮るなら黒5のハネで白に脈はありません。
続いて、白Aの抵抗が気にありますが・・・。


白6、8と右方の黒を狙いに行っても、黒9に白Aと打てないためオイオトシになりません。
一連の動きは白をダメヅマリに導きながら目を奪う攻め筋でした。


【失敗図:ホウリ込みの粘り】
白2に黒3のハネも有力な攻め筋に見えます。
しかし、白4とホウリ込む粘りがあり、白を無条件で取ることができません。


当然、黒5と抜きますが、白6に黒Aとツゲないためコウに持ち込まれます。
隅は思わぬ抵抗にあう可能性が高いので、慎重に攻めたいところです。



【参考図:三々の攻防】
本題の形は白1の三々入りから生じやすい形です。
白は黒8に手抜きをして大場に走るのが主流となり、よく現れる死活となりました。


白が手抜きした際、黒10と形を決めるのが常套手段。
白11と黒12を決めた後、白Aと手入れするのは本題の死活が絡んでいるのが要因です。

「編集後記」
1、2年前まで、三々定石は簡明だと言われていました。
しかし、様々な手法が発見されて以来、部分的な攻防が激しくなっています。
本題のような死活も知っておく必要があり、高い実力を有する戦術に進化しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする