AlphaGoTeaching(1)【小林流研究1】

今回からAlphaGoTeachingを活用した布石研究記事を紹介していきます。
人間では思いつかない着想が多く、視野を広げる助けになるかもしれません。


【AlphaGo想定図:小林流の新手法】
一昔前は、白1のカカリは黒2とハサまれて小林流の意図にハマると言われていました。
しかし、白3が有力であることがわかり、黒が必ずしも良くなるとは限らないようです。
AlphaGoはどのような打ち方を採用するのか見ていきます。


AlphaGoは黒4、6のツケ引きを選択します。
続いて、白Aのツギは黒Bと薄みを突かれて白苦しくなるので、白は軽く打つところです。


白7と軽くかわした瞬間、黒8と強く反撃していきます。
△を助け出そうとすると、上方の白に悪影響を及ぼすので動きづらい石となっています。


白9と眼形を作りにきたので、黒10と左辺に手を戻すのが相場です。
黒12から16と大場に走られますが、AやBが狙いやすい碁形なため白十分な展開でしょう。
白に手厚い形を許すと小林流の構えが脆くなるので、強くなる前に稼ぐのが基本方針です。


白17と黒18を交換してから、白19と左辺を荒らしに回るのが簡明でした。
黒Aと遮るのは白B以下符号順で簡単にサバキ形を得て白成功です。
黒は積極的な策を打ち出しましたが、不発に終わったようです。


【参考図1:囲碁AIの手法】
従来の考え方では、黒1から5と裂いて黒悪くないと言われていました。(こちらを参照)
しかし、囲碁AIの登場により、この変化にも脚光が浴び始めています。


白6、8と露骨に左上隅を食い破るのが面白い手法。
△を効率的に裂かれましたが、▲を飲み込まれたのも大きく黒良いとは言い難いワカレです。


黒9から15と外回りを厚くしても、白16と上辺を割れば白十分です。
黒は△の動き出しを睨まれており、左辺の黒模様は大きくまとまりづらくなっています。
実戦の手法はこうした変化を避ける苦肉の策と言えるでしょう。


【参考図2:深入りしすぎ】
白1に黒2と動くのはやり過ぎです。
白3とかわすのが冷静で、AとBを見られて黒出遅れた格好となります。


黒4は自身を補強しながら左辺の黒陣を拡大する働きがあります。
ただし、白5と上辺を占められた後、白7と左辺に回られては黒足の遅い展開でしょう。

「編集後記」
AlphaGoTeachingToolは様々な碁の可能性を示してくれます。
ただし、人間では到底理解できない変化も多く、活用できるかどうかは難しいところ。
本記事では代表的な布石、流行形を中心にAlphaGoがどう打つかを紹介します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする