AlphaGoのティーチングツール公開

12月11日にDeepMind社より、AlphaGoのTeachingToolが公開されました。(こちらを参照)
人間の棋譜231000局と人間vsAlphaGoの棋譜75局を基に作られた学習ツールです。
6000種類の布石を分析できるので、これからの布石研究が大きく進歩しそうだ。


【使用例:ミニ中国流の分析】
紫の丸が人間の候補手、緑の丸がAlphaGoの候補手となっています。
また、丸の中の数字は黒番からみた勝率なので、低い場合は白好しと判断しています。
試しにいくつか分析してみたのですが、正直かなり参考になりますね。
各布石の対策案はこのツールを使えばヒントが見えてきそうです。


【アルファ碁の選択:人間の理解を超える】
前譜の進行をさらに進めると、白12のような手を示すことがあります。
打たれてみると悪くなさそうな感じもしますが、解釈が難しく研究する必要がありそうだ。
明日から代表的な布石をアルファ碁ツールにかけた結果を記事にしていこうかなと思います。

「編集後記」
AlphaGoの候補手は勝率の高い選択をしていると思いますが、人間に扱えるかは別です。
ただ、人間では考えづらい進行を示しており、これから布石研究が捗りそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする