棋力向上の詰碁6


【黒先黒生:上級~有段者】
単純に受けていてはスペース不足となり、黒生きはありません。
黒は手を戻す前に一工夫する必要があります。



【正解図:利き筋を作る】
黒1のアテ込みが利きを作る手筋。
白2にも黒3とサガり、黒二子を捨て石にして利き筋を作っていきます。


白4のツギには黒5を利かした後、黒7と手を戻して黒生きです。
この形は生き形の一つなので、覚えておきたいところ。


白8のホウリ込みに黒9と受けるのが決め手。
続いて、白Aと抜かれても黒Bと懐を確保して黒成功です。


【正解変化図:利きが残る】
黒1、3に白4と黒二子を取り込む変化も考えられます。
ただし、黒Aが利きになるので黒生きとなります。


【失敗図:基本死活】
単に黒1と手を戻すのは軽率。
白2と懐を狭めた後、白4と急所を突かれてしまいます。


黒5と眼を分けようとしても、白6が冷静で黒に脈がありません。
続いて、黒Aは白Bとホウリ込まれて黒死です。



【参考図:時々現れる実戦形】
白1と封鎖されても、黒2と三々を占めれば取られる心配はありません。
黒がここまで手抜きする例は珍しいですが、基本死活として覚えておきたいです。


白3、5と追及しても、黒6と守ればシノギ形を得ています。
白9までの進行が、本題と似た形となる実戦例です。


黒10、12とハネを利かしてから、黒14と手を戻すのが好手順。
死活はハネ一本があるか否かで大きく結果が変わります。

「編集後記」
最近は囲碁の勉強より、プログラミングの勉強が楽しくて夢中ですね。
まだまだ基本ばかりですが、来年一杯までは続けていきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする