棋力向上の詰碁5


【黒先白死:上級~有段者】
三々の定石で現れやすい基本死活です。
変化の枝葉に様々な攻め筋が多いので、この死活を研究するだけで多くの筋を学べます。



【正解図:抵抗を封じる】
黒1のサガリが白の抵抗を封じる好手。
一見すると、足の遅い攻めに見えますが・・・。


白2と懐を広げるなら、黒3から5と狭めて黒7と急所を突くのが好手順。
隅の死活の常套手段なので、覚えておきたい攻め方です。


白8の抵抗に黒9のツギが冷静。
続いて、白Aは黒Bと左方の眼を奪って白死です。


【正解変化図:冷静な攻め】
白2も隅で粘る手筋の一つですが、黒3と懐を狭めて黒成功です。
白4で黒の攻めが切れたように見えますが・・・。


黒5のツギが冷静です。
白6と左右に眼を分けようとしても、黒7でAとBが見合いとなり白死。


【失敗図:粘りの手筋】
黒1のハネは白2、4と粘られて、白を無条件で取れません。
続いて、黒Aは白Bでコウに持ち込まれてしまいます。



【参考図:三々定石の頻出形】
最近は序盤早々の三々入りが流行っており、白1から黒8の形をよく見るようになりました。
白は手抜きをして大場に回ることが多いですが、本題より黒Aが利いている形です。
そのことより、黒8に白Aと黒Bを交換してから他に回る実戦例も増えています。

「編集後記」
現在、プログラミングのC♯とゲーム統合環境Unityの勉強をしています。
囲碁関係でこういったアプリがあれば・・・という意見があれば気楽にコメントください!
(将来的には囲碁とは関係なく、面白いゲームを作れたらと思っています)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. kenseven より:

    白8の抵抗に黒9のツギが冷静。
    続いて、白Aは黒Bと左方の眼を奪って白死です。

    黒5のツギが冷静です。
    白6と左右に眼を分けようとしても、黒7でAとBが見合いとなり白死。

    「冷静にツギ」 が肝要ですね。
    つい熱くなってしまって、、、、。(-_-;)

    • okao より:

      一線のツギで仕留める筋は隅に限らず、辺の死活でも生じやすい形なので選択肢の一つとして覚えておくと、役にたつことが多いです。詰碁は読みの力も鍛えられますが、正解図を見て攻め筋を学ぶのも効果的な勉強法です。

  2. kenseven より:

    ・・・正解図を見て攻め筋を学ぶのも効果的な勉強法です。
    ☝なるほど、小生にとっては目から鱗、、、。
    ありがとうございます。