棋力向上の詰碁4


【黒先コウ:中級~上級者】
基本死活を知らないと、本題は生きていると誤認してしまうかもしれません。
詰碁は読みの力を鍛えるだけでなく、手どころの嗅覚を身につける訓練にもなります。



【正解図:隅は2の一に手あり】
黒1のオキが急所。
白2と眼形を作りにきた時、黒3のサガリが冷静で黒の攻めが繋がります。


白4の抵抗には黒5と左方の眼を奪って黒成功です。
続いて、白Aのツギには黒Bに白Cと打てず、コウになります。


【失敗図:手順前後】
単に黒1のサガリは手順前後。
白2の急所を押えられて、AとBが見合いとなり白生きです。



【参考図:実戦形の一例】
小目のケイマジマリに白1と様子見した場面で本題の形が生じやすいです。
黒A~Dの応手が考えられますが、白は相手の出方を見てから行動できる長所があります。


黒2には白3と動き出す狙いがあります。
黒4と受けるなら白5、7で右下隅を荒らすことができます。
ただし、白Aと黒Bを交換すると本題のようにコウが残ってしまうので注意です。


黒8、10の攻めが成立するように見えますが、白11で今度は手になりません。
続いて、黒Aと左方の目を奪っても・・・。


黒12には白13、15でオシツブシとなり白生きです。
少しの違いで大きな差が生じるので、気をつけなければなりません。

「編集後記」
明日は第19期阿含・桐山杯日中決戦が中国・北京で行われます。
日本の六浦雄太七段が中国の柁嘉熹九段に勝利できるか注目していきたいですね。
※桐山杯は日本のスポンサーがいるため本ブログでは解説できません、ご了承ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする