序盤早々の三々手法(2)

今回はAlphaGoZeroの論文が発表された後に打たれ始めた考え方を紹介します。
序盤早々の三々入りから生じる厚みの評価が以前よりも厳しいものとなりました。
厚みを厚みとして活用する難しさを改めて痛感させられる発想でした。


【テーマ図:厚みの評価】
黒1から7と隅を荒らした後、黒Aと左辺を割らずに黒9、11など大場に走るのが主流。
左下の厚みを活用しやすい局面に見えますが、左辺の構え方が難しく黒悪くない展開です。


白12と左辺に構えても、黒13と打ち込まれて左辺に白地がつきません。
白14、16と攻めるのは黒17、19と左下の白を攻められて白苦しい戦いを強いられます。
また、左辺の黒が強くなれば、Aの切りも狙われるため白薄い碁形となっています。


【参考図1:打ち込みが残る】
白1と狭く構えても、黒2の打ち込みが残ります。
左下の形はAが利きになると、途端に脆い形となります。


白3に黒4から10と脱出すれば左下の攻めを見れるので黒成功です。
左下の形が見た目以上に弱いため、打ち込まれると白は強く戦えません。


【参考図2:絶妙なワリ打ち位置】
白1など大場に走るなら、後々黒2と左辺を割るのが好点となります。
左下の厚みを背景に、白Aの詰めが厳しいように見えますが・・・。


白3と攻めるのは黒4、6と逆襲されて白ツライ展開。
後に黒Aの打ち込みを狙われるため、白の得たものが少ないです。


【参考図3:相場のワカレ】
右下の白を攻められないよう、白2から6と守るのが相場。
しかし、黒7のヒラキを許すので左辺を悠々と割られてしまいます。

「編集後記」
左下の形が足を引っ張り、厚みとしての機能が働かない碁形となっています。
前回のように、予め左辺を割らずとも荒らす余地があるというのが本題のポイントです。
白は左辺の構え方が難しい上、左辺を構えずとも黒良くなる進行があるのが泣き所。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする