序盤早々の三々手法(1)

最近、AlphaGoの影響により、序盤早々の三々入りが増えてきました。
運用が難しい戦術の一つですが、狙いと考え方を押さえると呼吸が掴めるかもしれません。
今回から数回に分けて、三々入りの基本戦術を解説していきます。


【テーマ図:進化する碁の打ち方】
黒3、5と構えられた時、右辺に黒陣を敷かれないよう白Aと打つのが従来の打ち方。
しかし、白6の三々入りを採用する実戦例が増えており、碁の打ち方が変化しています。
初回は一番わかりやすい打ち方を紹介していきます。


黒7に白8から12と先手で隅を荒らしてから、白14と右辺を割るのが面白い。
右上の厚みをぼかしつつ、右辺に割り打つ価値を高めています。


黒15には白16と黒17を交換してから、白18と右辺にヒラくのが肝心。
次に白A、黒B、白Cと右上の黒にプレッシャーをかけるのが厳しいので・・・。


黒19、21と整備するのが相場。
白22まで、AやBと左上の黒への寄り付きを見ながらCを狙えるので白悪くない展開。
ただ、先の打ち方が難しいため、最近はこの考え方で打たれることが減ってきました。


【参考図1:大きな違い】
単に白2とヒラくのは、黒3が利くため厚い形を築かれてしまいます。
黒Aのサガリが利くのも大きく、黒の得たものが大きい展開です。(こちらを参照)


【参考図2:手堅い受け方】
白1に黒2から6と補強する手も最近は打たれ始めました。
右上の厚みは攻められる可能性があるため、守るのも立派な一手と見直されています。
一昔前は厚みから地を作る悪い見本とされており、碁の考え方が変わりつつあります。
実際、白の次の一手が難しくなっている意味もあり、対抗策として十分考えられます。

「編集後記」
今回紹介した考え方は、三々入りを打たれ始めた当初に流行ったものです。
しかし、AlphaGoZeroの自己対戦譜が公開されてから更に進化した打ち方に変わりました。
また、三々周辺の部分的な変化を省いているので、次回以降に紹介する予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする