棋力向上の詰碁3


【黒先白死:有段~高段者】
考える範囲が狭いように見えますが、正確に取り切るのは大変です。
白の抵抗を的確に把握して、手順よく白の牙城を攻略してください。



【正解図:最善の攻め】
黒1と白2を交換してから、黒3と急所を突くのが好手順。
白4に黒5と連絡するのがポイントで白の抵抗手段を封じています。
始めの5手目まで手順前後を許されないため、一手一手の精度が求められます。


白6、8と懐を広げても、黒9でAとBが見合いとなり白死。
正解手順は簡単に思えますが、白の抵抗を振り切る最善の攻め方です。


【正解変化図:中から攻める】
白2、4の抵抗には黒5と中から攻めるのが好手。
AとBが見合いとなり、白に脈はありません。


【失敗図1:手順前後】
黒1、3は手順前後。
白4と粘る手段があり、白を仕留めることができません。


黒5と連絡すれば正解手順に戻るように見えるかもしれません。
しかし、白6から8と決められて右方の黒がダメヅマリとなってしまいます。


黒9の抜きに白10と懐を広げられて、白を無条件で取る手段がありません。
正解手順同様に黒11と攻めるのは白12と眼形を作られて白生きです。
続いて、黒Aと連絡を図っても、白Bでオイオトシの格好となります。
(黒11で12、白11、黒Aでコウになりますが、コウは黒失敗)


【失敗図2:詰めが甘い】
黒5と連絡するのは失着。
白6のツケがあり、黒の攻めが不発となります。


黒7、9と白一子を取り込んでも、白10で失敗図1の進行に戻ります。
一手のミスで結果が大きく変わるので、注意しなければなりません。



【参考図:コスミツケの攻防】
本題は星の周辺で生じやすい形の一つです。
コスミツケの後、右方の白が治まってから白1と入った場合に生じることがあります。


黒2に白3、5と動き出すのが常套手段。
黒6、8に白9と受けると、黒10のツギが先手となるので注意しなければなりません。
(本題より、手抜きは白取られてしまうため白Aと守る必要があります)

「編集後記」
本題は難しい手筋や形を用いる問題でないですが、意外と苦戦される方が多いと思います。
一手一手は簡単でも、手順を正確に打ち続けるのは難しいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする