棋力向上の詰碁2


【黒先白死:上級~有段者】
三々の定石から現れやすい基本死活の一つです。
この死活がわかると、実戦では大きな武器となるのでしっかり仕留めたいところ。



【正解図:手順が肝心】
黒1と白2の交換をしてから、黒3と急所を突くのが好手順。
▲があるため、白は左方に眼を作ることができません。


白4の抜きには黒5、7と白の眼形を崩して白死です。
続いて、白Aと抵抗するのは黒Bで隅のマガリ四目となります。


【失敗図:手順前後】
単に黒1と急所を突くのは、白2と黒の攻めが繋がりません。
黒3の切りに白4と手を戻すのが冷静で白生きです。



【参考図:大きな違い】
黒1のハネを利かすと、白2と守られたときに黒Aが利かなくなります。
些細な違いに見えますが、実戦では眼形や荒らし具合に大きな影響を与えるので、
黒1と決めるのではなく、黒Aのサガリを狙う方が得になる場合が多いです。

「編集後記」
今回の詰碁は、一線のサガリが利いていることを証明する問題でした。
級位者や有段者でも何気なく形を決めてしまうので、知っておくと大きな差が生まれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする