棋力向上の詰碁1


【黒先白死:中級~上級者】
実戦でよく現れる形なので、手を読むよりも覚えてしまう方が良いかもしれません。
基本的な攻め方を習得すれば、難しい問題でも正解の糸口が見えてくるものです。



【正解図:ハネ殺しの基本形】
黒1と白の懐を狭めるのが正解。
白2の受けにも黒3と外から攻めて、白はスペース不足により脈がありません。


【失敗図:粘りの利く形】
黒1から攻めるのは失着。
白2と懐を広げるのが好手で、無条件で取ることができません。


黒3は鋭い追及ですが、白4から8で万年コウに持ち込まれます。
白の抵抗手段も実戦で応用の利くので、覚えておいて損はありません。



【参考図:実戦的な出現手順】
本題の形ができる一例を紹介します。
白1に黒2と高く受けた場合、白3と地に辛く踏み込むのが最近の手法。
右下隅で死活絡みになりやすい形なので、扱い場合は注意しなければなりません。


黒4に白5、7のハネツギを決めてから、白9のスベリで取られる心配はありません。
黒12まで、外回りが厚くなるとコウ残りなので、右下隅に手を戻すことが多いです。


白13と黒14を交換してから、白は右辺にヒラくのが一連の流れです。
黒は自身の傷を守るために黒16などと守った時、有段者の方でも時々手抜く方がいます。
この死活が分かっていれば、なぜ白Aの手入れが必要なのか見えてきますね。

「編集後記」
サムネイルにうまく詰碁の全形が映らず、思うような形で表示できず苦戦中。
記事の中身を見る前に、詰碁を候補手を考える形にしたいので、後日改良していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 金本 憲七 より:

    【参考図:実戦的な出現手順】が、大変ありがたいです。
    黒16、白Aの手入れ、、、。なるほどです。