小林流の基本(6)

前回に引き続き、白の大ゲイマガカリの解説をしていきます。
小目周辺の攻防で黒に模様を築かれる展開になると、黒不満ない石運びになります。
今回は白がその意図を崩そうとした場合の対応策を紹介します。


【テーマ図:黒の強手炸裂】
白1の大ゲイマガカリに黒2から8と積極的に応じるのが小林流の基本形。
前回は白Aの進行を紹介しましたが、今回は白9と下辺の黒模様化を防ぐ展開を解説します。
しかし、黒の強手があるため、この変化は白選びづらいことがわかっています。


黒10と白11を交換して右辺の眼形を奪った後、黒12のナラビが強手。
白は黒Aのワリ込みを見られているため、強く反発できません。


白13のツケが苦心の一手。
黒Aは白Bと傷を調子で守られながら右下の黒を狙われるので、黒14と守るのが冷静。
白15、17と受けるのが相場だが、黒18と右辺を守りつつ地を稼いで黒十分な展開です。


【参考図1:白の反撃】
黒1に白2と下辺を割る変化も考えられます。
黒は強く戦うことも可能ですが、黒3と素直に受けておくのをオススメします。
白は黒Aの傷を効率的に守るのが見た目以上に難しいのです。


白4と柔軟に受けるのは黒5のツケが激痛。
A~Cの利きを見られているため、何れかの白が分断される格好です。


白6と連絡を図るなら、黒7から11と下辺の白を裂いて黒有利な戦いとなります。
右下の白もはっきり根拠がある訳でないので、右辺の黒を強く追及しづらいのが泣き所。


【参考図2:傷を睨み続ける】
白1など手堅く受けるなら、黒2から4と下辺を補強するのが相場。
Aを横目に黒Bなどが利いているため、白は右辺の黒を強く追及しづらい格好です。
右下の白を追及する狙いも残っており、黒の楽しみが多い局面と言えるでしょう。

「編集後記」
今回紹介した白の手段も時々打たれることはあると思います。
ただし、白は大きな傷を背負いながら打ち進めることになるので黒良しと見て良いでしょう。
次回からはこれらの変化を踏まえた白の対抗策を紹介していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする