AlphaGoZeroの自己対戦解析(6)

AlphaGoZeroは以前のバージョンに比べて、かなり地に辛くなっています
相手に中央を囲わせる碁形に導き、その勢力圏を消すのがZeroの勝ちパターンです。
確かに、隅や辺で地を稼ぐ方が中央を囲うよりも効率良く、理に適った打ち方ですが、
高い読みの力と正確な形勢判断が要求されるので、Zeroの着想を吸収するのは大変です。
さて、対局を振り返っていきます。(棋譜提供:DeepMind社)


【実戦譜1:水面下の戦い】
黒番がAlphaGoZero、白番がAlphaGoMasterです。
黒4のハサミに白Aと右上の黒に強く迫ったのが、第2局第4局の展開でした。
今回は右上隅に直接手をつけず、白5と右辺に展開する進行を選択します。
右辺に白の弱い石が二つできそうですが、黒の打ち方も意外と難しいです。


上辺付近の価値は低いため、黒6から8と右下で戦いを起こすのが自然。
しかし、白9が面白い様子見で黒の応手が悩ましい局面となっています。
黒Aは右辺が重くなるため、白Bと封鎖された際に補強しなければなりません。
その過程で中央が厚くなる可能性が高く、黒望ましくない展開です。


黒10と右上の白に働きかけるのがうまい返し技でした。
白Aの押さえ込みは黒Bのトビが厳しいので、白11と受けるところ。
黒12と右上を連打できた戦果が大きく、右辺の攻防は黒うまく打ち回しています。
白13、15と左下の黒に迫り、黒のシノギ具合が中盤の焦点となりました。


【参考図1:黒の意図】
黒1に白2と三々に入るのは定石の一つ。
しかし、黒3から11と右辺に広大な黒模様を築いて黒満足なワカレです。
一方、白は黒Aなどが残っている価値の低い場を打たされた格好で白不満。


【参考図2:白の術中にハマる】
白1に黒2、4と右上方面から戦いを起こすのは黒失敗。
白5で右辺の黒が攻められる立場となり、黒苦しい戦いを強いられます。


【参考図3:黒甘い対応】
単に黒1とハサむのは追及不足。
白2、4がサバキの手筋で、白を強く追及できません。


黒5、7には白6から12と隅に食い込んで白十分。
黒13と右上の白を追及されても、構わず白14と下辺を割るのが簡明です。
▲が低位置なので、右辺の黒陣は大きくなりづらい土地となっています。



【実戦譜2:巧みな石運び】
黒1の様子見が絶妙なタイミング。
白Aのツギは利かされなので、白2など反発したいところです。
しかし、左下の黒を安定されると、黒Aが厳しい狙いとなるため白容易ではありません。


白4と黒Aを緩和しながら左下の黒に迫るも、黒5と早逃げされて白の攻めが繋がりません。
黒7は右下を固めると同時に、下辺の白への攻めを見た好点です。
白8と補強する手を誘導し、黒9と中央に進出する調子を得ます。
中央に黒石がきたことにより、黒Bの切りが現実的となったので・・・。


黒Aの切りを防ぐため、白12から14と▲を制す必要があります。
黒15はBやCと根拠を確かめる手を残しつつ、下辺の白の眼形を薄くする好手。
今度は下辺の白を補強する必要があります。


白16と下辺を守った瞬間、黒17と左辺を割るのが機敏。
黒23まで、黒は各所で地を稼ぎながら白地が大きくなりそうな場を荒らして黒十分な展開。
一方、白は厚い形を築いたものの、地に還元しづらいのが泣きどころ。


白24から28と中央への進出を止めますが、黒29から31で攻め切れる石ではありません。
中央の白の勢力圏は隙だらけで、大きな白地が見込めない場となっています。


白32と下辺を封鎖して中央を広げるのに対し、黒33と進出するのが好手。
白40まで、中央の黒三子を大きく飲み込まれたように見えますが・・・。


黒41、43と右辺の白を横目に中央へ進出できます。
黒49と白50の交換は損に見えるが、A~Cなど利きや脱出する筋を残す大切な手続き。
左辺のシノギに目処が立ったので、黒51と中央に先着して黒優勢となりました。
結果、黒中押し勝ち。


【参考図4:左辺の力関係】
黒1に白2とツグのは利かされた格好で打ちにくいです。
実戦のように黒3から9まで進行した時、白は左辺の構え方が難しくなっています。


白10と構えるのは黒11の打ち込みが厳しい。
白12と根拠を奪いにいっても、黒13から15と軽くかわされて白不満な展開。
黒Aと左上の白を攻める狙いも残り、黒の楽しみが多い局面でしょう。

「編集後記」
自己対戦第6局は水面下で互いの意図を潰し合う様子が現れた一局でした。
盤面に現れない無数の変化を読み解くのは骨が折れますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする