AlphaGoZeroの自己対戦解析(3)

AlphaGoZeroは中盤以降の戦いで異次元の強さを発揮します。
人間のセオリーから外れた凄まじい戦い方は、人間の領域を軽く凌駕しています。
強化学習で人間の棋譜データを用いずに強くなったメリットの一つと言えそうです。
さて、対局を振り返っていきます。(棋譜提供:DeepMind社)


【実戦譜1:間合いの図り方】
黒番がAlphaGoMaster、白番がAlphaGoZeroです。
前回は白2に黒Aとカカリを選択していましたが、今回は黒3の三々入りに変化しています。
双方にとって、右辺の価値は低い場なので白Bと押さえるところ。


白4から8と手厚くノビ切っていくのが面白い。
地に甘いように見えますが、右辺の価値は低いので黒に打たせても構わないという判断です。
黒9に白10と厚みから距離を取って構えるのが、AlphaGoZeroが好む構え方の一つ。
黒Aと手をつけられても白B、黒C、白Dの時に黒は二間幅を持てない長所があります。


黒11、白12と互いに模様を消す展開を選びます。
黒13、15は右下の白を攻める狙いですが、AとBが見合いで急な攻めはありません。
手番を得た白は16、18と上辺一帯の黒陣を消して白十分な展開となりました。
(黒の消しと白の消しを比べた時、上辺の黒陣を薄くした白の戦果の方が大きいです)


【参考図1:配石の長所】
黒1と左下の白を荒らすのは、白2から6と攻められて黒窮屈な格好です。
△の配石により、黒は左下でサバキにくくなっています。


【参考図2:傷残りの厚み】
黒1に白2から6と受けるのは黒7、9と下辺を割られて白イマイチ。
黒Aから右下の白を攻める狙いやBの打ち込みを見れるため、黒の楽しみが多い局面です。



【実戦譜2:強烈なカウンター】
黒1、3と中央一団を補強してから黒5と深く踏み込みました。
続いて、白Aは黒B、白C、黒Dと下辺の白陣を削りながら自身の薄みを補強できます。
悩ましい局面に見えましたが、白は簡明かつ最強に黒のやり過ぎを咎めていきます。


白6、8と手厚く封鎖するのが正しい応手。
黒9と左下を大きく荒らされても、白10から12の追及が厳しく十分取り戻せる碁形です。


黒13に白14、16と分断していくのが力強い石運び。
黒は直接動き出すのはうまくいかないので、黒17と白の応手を利きます。
しかし、白18とツグのが好手で、左辺と中央の黒が薄くして白有利な戦いになります。


黒17から25と手順を尽くして懐を広げるも、白26が左辺の死活を読み切った利かしでした。
▲の二子を取られると、白の薄みが消えて黒の薄みだけが残る展開になるので・・・。


要石を取られないよう、黒27と守らざるを得ません。
しかし、白30から32と左辺の懐を狭められると、左辺の黒は無条件で生きる手がありません。
黒Aは白Bと急所を突かれてコウの変化になります。(参考図を参照)


黒33と粘るのが最善の抵抗。
白34から40でコウになりますが、黒がコウを制した後に黒A、白B、黒Cの狙いが残ります。


白もそれなりに負担があるコウにも関わらず、白42とツイでコウ材を一つ損します。
死活などの読みがずば抜けているにも関わらず、単純なミスをするのは不思議です。
白42でコウを抜いてもコウ争いは勝てないと見た行動なのでしょうか・・・。


黒49、51とコウを解消し、白はコウの代償に白52と左下の黒を制すワカレとなりました。
最後の勝負所は黒53の切りですが、白は鮮やかに局面を収束していきます。


白54から58と切った黒石にプレッシャーをかけて整形するのが好手でした。
黒AやBの断点が気になるところですが・・・。


黒59の切りに白60、62と中央の白を捨てて、左方の白を補強するのが簡明。
白64から72と上辺を割ると上辺一帯の黒陣が薄い格好となり、はっきり白優勢です。
一連の流れを見ると、随分前からこの図が見えていたように感じ、強さの底が計り知れない。
結果、白中押し勝ち。


【参考図3:中央が薄い】
黒1、3と左辺を守るのは、白4で中央一帯の黒が薄くなるため黒失敗です。
左辺も白Aの逃げ出しが残っており、黒は傷だらけとなります。


【参考図4:死活の確認】
黒1のカケツギには白2と急所を突いていきます。
黒3、5で左右に眼を作れたように見えますが、黒の眼を潰す白の好手があります。


白6、8と眼を潰していくのが死活の常套手段。
黒9には白10と中からアテてコウに持ち込まれてしまいます。

「編集後記」
実戦進行を見ると、随分前から先の展開を想定しているように感じます。
手所の読みや全局的なバランスが優れており、AlphaGoZeroには隙がないように思えます。
しかし、本局は一手だけ明らかに損な手を打っているのが不思議ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする