小林流の基本(4)

今回から白の二間高ガカリへの対応を解説していきます。
難しい変化は少ないですが、実戦例の多い戦型なので想定しておくのが良いでしょう。
先の展開が予測できれば、広い局面でも一局の流れをコントロールできます。


【テーマ図:機敏に立ち回る】
白1の二間高ガカリは下辺を必要以上に堅めず、発展性を制限する働きがあります。
黒は真正面から戦うのも一策ですが、黒2と右下隅を固めるのが簡明な打ち方。
複雑になりやすい局地戦ではなく、全局的なバランスで対抗していきます。


白3と押さえるのは重い石運び。
黒4と先手で右下隅を固めてから、黒6と右辺を占めるのが機敏です。
白7には黒8と地を稼ぎながら右辺の白の攻めを睨んでいきます。


白9と右辺を補強するなら、黒10から16と下辺を固めつつ右辺に手を戻して黒十分。
右辺の白は完全に活きている石ではないため、周囲の状況次第で攻めの対象となります。
余りにも有名な変化なので、実戦で現れることはほぼないと見て良いでしょう。


【参考図1:穏やかな展開】
黒1には白2と軽くかわす実戦例が多いです。
黒3の好点を許しますが、白4から6と補強して下辺の発展性を削ぐのを優先します。
黒7から11と大場を占めれば、黒の実利が大きく若干黒打ちやすそうに見えます。
※ほとんど互角に近い形勢なので、棋風により判断が別れそうです。


【参考図2:実利対実利の構図】
黒4と受けた時、右辺を守らずに白5と大場に走るのもよく打たれます。
黒6は狭いように見えて、下辺の黒陣拡大と黒Aの打ち込みを見た好点です。
黒は下辺を大きくまとめるか、右辺を厳しく追及できれば黒悪くなさそうです。
ただし、どちらも取りこぼした場合、形勢は白に傾くので容易ではありません。

「編集後記」
白の二間高ガカリは複雑な変化を用いずとも、序盤で遅れることはありません。
ただし、中盤以降の打ち方が難しいため、読みや形勢判断の力が試されます。
どんな戦術を用いても、詰碁などで基礎力を高める訓練は欠かせません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする