小林流の基本(3)

小林流を打つ際、白の一間ガカリへの基本的な対抗策は押さえておきたいところ。
今回紹介する手法に対応できれば、序盤で出遅れることが少なくなるはずです。
代表的な布石戦術を用いる場合、知識があるか否かで大きな差が生じます。


【テーマ図:序盤の分岐点】
黒2と挟んだ瞬間、白3からサバキを目指す打ち方も考えられます。
黒の勢力圏を活かして強く戦うべきか、堅実に打ち進めるべきか、選択を迫られています。
今回は様々な変化を紹介しながら、どの図を選ぶべきか解説していきます。


【参考図1:オススメの堅実策】
黒4、6と手堅く受けるのがオススメです。
白7には黒8、10と白の根拠を簡単に与えないように打つのがポイント。
一見、白に利かされた格好で悔しいように見えますが、白も守り方が悩ましいです。


白11と脱出を図るなら、黒12と地を稼ぎながら白の根拠を奪います。
白13は自身の補強と下辺の黒陣への反撃を見た手なので、黒14から16と守るところ。


白17から21と左下の白を固めても、黒22と下辺の黒陣を補強できれば黒十分なワカレ。
下辺の薄みが消えれば、右下の白への攻めも狙えるため、黒の楽しみが多い局面となります。
右下の定石は変化の余地が少ないので、想定した通りの進行が期待できるのも強みです。


【参考図2:足早な展開】
白1、3と根拠を確保するのも定石の一つ。
黒4、6と右辺を進出を止めながら黒8、10と上辺を占めて黒足早な展開にできます。
下辺で稼いだ実利も大きく、黒打ちやすい局面となります。


【参考図3:積極策の反動】
白1に黒2から6と積極的に仕掛けるのも考えられます。
ただし、白7以降の黒の打ち方が非常に難しいので、オススメできない打ち方です。
一方、白は相手の勢力圏内でサバキ形を得られれば十分な戦果なので白は気楽です。


黒8、10と白を分断して黒悪くないように見えるかもしれません。
白11のアテに黒12と切れば、右下の白二子はほぼ取れた格好ですが・・・。


白13から17と右辺に味をつけるのが好手。
部分的には黒18が手筋で種石の白二子は取れますが、AやBの利きが残る格好となります。


最後に、白19から23と下辺の白を整形するのが好手順。
右辺にはAやBの味を残しつつ、白Cの打ち込みを見て白満足な展開と言えます。
石数が多いことが、必ずしも戦いで有利に働くとは限りません。


【参考図4:筋の悪い仕掛け】
白1に黒2、4と強引に戦いを仕掛るのも有力では?とよく質問されます。
白は真正面から戦う方法もありますが、ここでは簡明にかわす進行を紹介します。


白5、7とハネツギが簡明策。
黒8、10で白苦しい戦いに見えますが、白11が手筋で黒の仕掛けは不発に終わります。


白Aの切りを見られているため、黒12から14と白一子を制さなければなりません。
白15と抜ければ下辺の白が立派な姿となり、白十分なワカレとなります。
強引な仕掛けはそれ相応の準備がなければ成立しないものです。

「編集後記」
今回の題材を改めて検討し直したら、複雑な変化もあるものですね。
基本編なので、最低限知っておくと役立つものを抜粋して紹介しました。
どう打つか迷いが生じる場合、一番始めに紹介した堅実策を推奨します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする