小林流の基本(2)

前回に引き続き、白の一間ガカリの攻防を解説します。
黒の勢力圏にも関わらず、積極的に仕掛ける白を咎めるのは難しいものです。
今回は知っておきたい長手順の変化があるので、ぜひ習得してほしいところです。


【テーマ図:配石を活かした反撃】
白1に黒2とハサむのが前回までの流れ。
この瞬間に白3と積極的に打ち返した時の対抗策を紹介していきます。
白はシチョウ関係が良いので、部分的には白悪くない変化になりそうですが、
下辺に黒石が控えているのが大きく、黒有利なワカレとなります。


黒4と白を分断していくのは当然の態度。
白は下辺を捨てて、白5から7と右下隅に根拠を求めていきます。


白9、11と利かした後、白13のサガリはやり過ぎ。
左上隅に白がいる場合は白のシチョウが良いため、通常は白も戦える変化になります。
ただ、現局面は下辺に黒が控えており、黒14と切られて白うまくいきません。


白15、17と割かれた瞬間、黒18のコスミが手筋です。
Aの切断を見ながらBやCの狙いがあり、黒は見た目以上に弾力ある形です。


白19と強引に守りつつ、白21と押さえ込んで黒を取りにいきます。
白27まで、黒Aのシチョウが成立しない場合は黒Bなどでフリカワリを求める流れ。
しかし、下辺の配石が良いため、黒は白二子を仕留める好手があります。


黒28のケイマが決め手。
白29の抵抗には黒30、32と下辺に追い込むようなシチョウが成立します。
▲がある場合、白はシチョウ関係問わずにツブれてしまいます。


【白の妥協案:黒悪くない展開】
白1を決めた後、白3と手堅く守るのが相場。
黒4は隅を固めると同時に、右辺の黒の補強にも働いています。
黒は下辺と右辺を打てた格好となり、黒悪くない展開と言えるでしょう。

「編集後記」
図を作る際、なるべく目で追える程度の手順で譜分けするのを意識しています。
頭で理解することも大切ですが、視覚的に記憶することも重要だと考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする