棋戦情報

【第13回春蘭杯世界選手権・1回戦】村川、余が2回戦進出!

7月29日に野狐囲碁で「第13回春蘭杯世界選手権」の1回戦が行われました。
日本は5名出場し、村川大介九段と余正麒八段が2回戦へ進出しました
持ち時間は各2時間30分、秒読み60秒5回、中国ルール(コミ7目半)。
以下に成績をまとめたので参照ください。(左側が勝者)

 

【7月29日(水):1回戦の結果】
村川大介九段(日)
―李立言初段(北米)
余正麒八段(日)―Ilya Shikshin三段(露)
申旻埈九段(韓)―井山裕太九段(日)
姜東潤九段(韓)―本木克弥八段(日)
卞相壹九段(韓)―羋昱廷九段(中)
許嘉陽八段(中)―金志錫九段(韓)
連笑九段(中)―芝野虎丸九段(日)
許皓鋐六段(台)―時越九段(中)

 

【7月31日(金):2回戦の組合せ】
村川大介九段 (日)―范廷鈺九段(中)
余正麒八段(日)―朴永訓九段(韓)
柯潔九段(中)―姜東潤九段(韓)
連笑九段(中)―朴廷桓九段(韓)
唐韋星九段(中)―申旻埈九段(韓)
楊鼎新九段(中)―卞相壹九段(韓)
許嘉陽八段(中)―申眞諝九段(韓)
陳耀燁九段(中)―許皓鋐六段(台)

 

コロナウイルスの影響で、ネット対局が実施されました。
カメラ設置など厳戒態勢が必要であるものの、世界戦の主流になりそうです。

 

・棋士や関係者の移動・宿泊費などの削減
・移動などに感じるストレスの軽減

 

これらのメリットは、大きいです。もちろん、「PC性能の差」などの課題があるのも事実。ただ、技術の発展に伴って、世界戦はネット対局が中心になる予感がします。

 

 

実戦譜1「知っておきたい荒らしの手法」

黒番は芝野虎丸九段、白番は連笑九段です。
黒1と広げた瞬間、白2と突入するのが機敏。
この打ち込みは、黒陣が狭い時に使える手法です。

黒3には、白4以下で隅で生きれます。
実戦は黒11、13と連打するも、白14で黒苦しい戦いになりました。

【小目の二間ジマリ攻略】知って得する!2パターンの打ち込み手法

  「小目の二間ジマリを荒らす手がわからない・・・」   たった2パターンを知れば、荒らしの成功率が上がります! 今回は「具体的な手段」と「 ...

続きを見る

 

実戦譜2「スピード重視の軽快石運び」

黒番は金志錫九段、白番は許嘉陽八段です。
黒1に白2と動き出すのが、最近使われる手法。
黒3と眼を奪いにきても、白4以下でかわせるのが特徴です。

黒7に、白8以下と先手で補強できるのが大きいです。
白16の好点に先着して、白十分な展開になりました。

【小目のハサミ攻防】誰でも使える安全策!簡明なコスミの手法

黒番は党毅飛九段、白番は廖元赫八段。 黒1のハサミに、白2とコスミで受けるのが、最近表れた手法です。 見た目以上に弾力あるのが、長所です。   コスミ ...

続きを見る

 

実戦譜3「まさかのトン死!?」

黒番は時越九段、白番は許皓鋐六段です。
黒1と進出された時、白2から4の封鎖が厳しいです。
最終的に、右辺の黒が全滅し、許六段は金星を掴みました。

-棋戦情報

Copyright© okaoの囲碁研究所 , 2020 All Rights Reserved.